ドライ?ウェット?ドッグフードの種類を比較

ドライフードとその水分量で大きな差があるウェットフード。そんなウェットフードの中でも多く出回っているのが缶詰タイプのドッグフードです。缶詰タイプの特徴やメリット、デメリットについて考えます。

 

 

缶詰タイプとは

 

缶詰

極端に水分含有量が少ないドライフードと違い、ウェットフードには約75%ほどの水分が含まれています。水分が多いため、加熱殺菌された後、缶詰に詰められたものです。嗜好性が強いタイプのドッグフードのため、好き嫌いの多い愛犬や、子犬や老犬にも向いています。水分量は多いタイプのドッグフードですが、殺菌加工され缶詰に詰められていますので、長期保存にも出来ます。

 

 

 

 

缶詰タイプのメリット・デメリット

 

缶詰タイプのメリットは素材の良さをそのまま活かした風味や見た目により、少食な愛犬でもしっかりと食べてくれる確率が高いということにあります。とても嗜好性の高いタイプのドッグフードと言えるでしょう。また子犬から老犬まで、幅広いライフステージに対応可能。また殺菌加工され缶詰に詰められているため、市販されているドッグフードの中で、最も長く保存が可能です。

 

缶詰タイプに限らず、ウェットフード全般に言えることですが、缶詰タイプのデメリットはドライフードと比べ、その栄養価があまり高くないことにあります。ドライフードは必要な食材や栄養素をすべて混ぜ合わせ、ギュット詰め込み一粒のドッグフードに変身させていますが、ウェットフードの多くは水分です。そのため1日に必要な栄養素をすべて缶詰タイプのドッグフードで補おうとすると、摂取量が大変多くなってしまいます。また、一度開封してしまうと保存が出来ず、一度に食べきってしまう必要があります。