ドライ?ウェット?ドッグフードの種類を比較

セミモイストタイプのドッグフードは、嗜好性の高いドッグフードとしてお気に入りの愛犬もいるのではないでしょうか。食べやすく風味も良いこのセミモイストタイプのドッグフードは、ソフトドライタイプとどのような違いがあるのか、また、メリットやデメリットについても見ていきましょう。

 

ソフトドライ

 

 

セミモイストタイプとは

 

セミモイストタイプのドッグフードはソフトドライタイプと良く似ており、水分含有量もほぼ同じの約25%から35%ほど。柔らかく良い風味から、このタイプのドッグフードを好きな愛犬が多くいると言われています。違いがあるとすれば、ソフトドライタイプのドッグフードは、加熱発泡処理されたものですが、セミモイストタイプは加熱発泡処理されておらず、混ぜ合わせた原料を押し出し機で固めて形どって製造したものです。

 

 

セミモイストタイプのメリット・デメリット

 

水分含有量が25%から35%としっとりした食感のため食べやすく、また原料の風味も良いため、食いつく愛犬が多いタイプのドッグフードです。幅広いライフステージの愛犬に好まれるタイプ。子犬から歯や消化器官の弱った老犬にも与えることが出来ます。半生タイプのドッグフードのため、水分量も歯ごたえも適度に持っているというメリットがあります。

 

セミモイストタイプのデメリットは、ソフトドライタイプのドッグフードと同じく、保存が難しく長持ちしないということ。少しでも長く品質を保持するために、保存料や添加物が多く加えられているものもあります。水分量も多く、しっとりとした質感は、カビやダニ、害虫が発生しやすくなるというデメリットも。また型押し機で押し固めただけのドッグフードのため、そのままにしておくと乾燥していきます。その乾燥を防ぐために、しっとりとした食感を保つ潤滑剤が含まれていることも気になるところです。