ドライ?ウェット?ドッグフードの種類を比較

ドライタイプの次に水分量の少ないソフトドライタイプのドッグフード。適度な水分とその食感で、一番嗜好性の高いドッグフードだと言われ人気があります。そんなソフトドライタイプのドッグフードとはどのようなものなのか、メリットやデメリットにも迫ります。

 

 

ソフトドライタイプとは

 

ソフトドライタイプのドッグフードは適度な水分と食感を持ったドッグフードのこと。ドライタイプのドッグフードより少し多めの水分量を持っており、その水分量は約25%から35%ほどだと言われています。ドライタイプと同じく、加熱発泡処理されて製造。半生タイプなので、子犬や老犬にも食べやすくなっています。

 

 

ソフトドライタイプのメリット・デメリット

 

ソフトドライタイプは、ドライタイプに比べその含まれている水分量が多いため、まだ若い犬、少し歯が悪くなってきた老犬にも食べさせることが出来ます。またドライタイプと比べ、素材本来の味や風味が効いているため、とても嗜好性の高いドッグフードと言えます。そのため、愛犬が好き嫌いせず、好んで食べてくれやすいタイプ。ドライとウェット、どちらの良いところも持ち合わせたドッグフードです。

 

ソフトドライタイプのデメリットとして、保存の難しさが挙げられます。ドッグフード製品の多くは、水分の含有量が13%以上になるとカビが発生しやすくなります。そのためその品質を保つために、品質を安定させる成分を多く配合しているものがあります。保存料の多いドッグフードを愛犬に与えることに抵抗を感じる人には、あまり向いていないドッグフードです。